Merhaba! Ben Fugu - Taro : )      フグ太郎です
銀座のソニプラから、いつもの流れで赤レンガに行った時、
ふと入り口に、小瓶に入った愛らしいフグを見つけた。

a0014770_0335374.jpgその昔、ペットショップで、ハコフグを見つけ、その仕草のかわいさに魅せられ、
すご~~く欲しかった時期があった。ただ、熱帯魚なので世話が面倒くさそうで
断念。

でも、今この目の前にいるフグは、このまま瓶で飼えるのだという。

「欲しい!!!(・∀・)」

しかも、そのたったひとつ売れ残ったフグは、人懐こくこちらを見て、
「ボクをつれて帰って~!」と、せがんでいるではないか!!
フグ1名様のお値段、2980円也!
高いぞ!
確かそのハコフグは1匹500円もしなかったよ~な・・・。

がっ!
値段云々より、ちゃんと面倒見れるのか?
旅行中はどうするのか?
安易に生き物を飼ってはいかん!
と、断腸の思いで、その場を去った。

でも、帰りの電車の中でも、ずっとアタマはフグの事ばかり。(笑)
子供の頃下関に住んでいたので、フグ大好き!薄づくりの刺身を
もみじおろしで・・・って、をいっ!

色々ネットで調べたところ、やっぱり小さな瓶で飼うのはフグにとっては
問題のようだった。あ、このフグの正式名称は、アベニー・パファー。
インドの河川や沼地に住む、淡水魚だ。
しかも、冬はヒーターが必要らしい。
でも、フグを飼うのは「福を呼ぶ」といって、縁起がいいらしい。
と、自分に言い訳をつけてみる。でも、もしそれが死んだら、えらく不幸モード
じゃないか?ペットの死の哀しさ プラス 福がオダブツになった情けなさと。

一晩寝てみて、それでも欲しかったら考えることにした。

次の日、
子供の頃以来位にデパートの屋上を巡って、熱帯魚屋さんでアベニ1匹Get!(笑)
水槽は虫かご位の大きさ。ヒーターは電気アンカでどう?

そんなこんなで始めてしまった、フグとの生活。
これがとんでもないことに・・・。

<つづく>
[PR]
by arif6 | 2005-05-10 00:40
<< 友人はこれを「歪んだ母性愛」と... わが野球人生に悔いあり! その3 >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧