年長組か小学一年生
今日会社に行ったら、

「ひぎちゃんお誕生日おめでとう!!」

と言われました(笑)。
ナニゲにひぎ母なのがバレている今日この頃(笑)

がっ!
こんなふうに言ってもらえるなんて幸せなご老体(笑)。

今日は帰ったらラムズのタタキ(笑)と、エビのご馳走ですよヾ(^▽^)ノ

目指せ七歳!

a0014770_01194.jpg

ゴチソウを喰って爆睡ちうのご老公。


a0014770_013218.jpg

こちらも寝込みパパラッチ。
なんか海水魚風味。

どーっちが本物だ!?

[PR]
# by arif6 | 2010-05-06 18:18

老フグの食卓(笑)
犬猫なら、例えば老犬用とかの低カロリーなペットフードとかがあるけど、
老フグはどーすりゃいいのよ!?(笑)

6歳を目前に控え、さすがに若い頃のような勢いはなくなってきたひぎっち。
しかし!
よく食うわ、食うわ!

「リエさんや、ワシの晩飯はどこだね~」

「あら嫌だ、おじいちゃん。さっきタラフク(死語か!?)食べたばっかりじゃないのぉ~!」

・・・ってな具合に、呆けてしまったのか!?という位(^^;。


私も調子に乗って、若い頃と変わらない位食わせちまっていたが、
よ~く考えたらそれでいいはずはなく・・・
ここ数日、どうやら消化不良ちっくなひぎ。

健康な時の排便は朝~昼なのだが、ゲ風味な時は寝る前に既にオシリにぶら下げて
泳いでいる(^^;。
それも、いかにも消化不良な、まだ赤虫っぽいやつだ。(お食事中の方、すみません)
私は時々ひぎっちのフンをスポイトで採取して、健康チェックをする。
今のところ様子は元気だが、先手に越した事はない。

早速、ビオフェルミンを潰して溶かし、乾燥赤虫に染み込ませて食べさせる。
砕いた粒のままやりたいのだが、なんせサッと溶ける性質の為、口に入る前に
なくなってしまい、どうにもこうにもムリ(笑)。
水槽がビフィズス菌だらけになっちゃうよ(そんなばかな)

ビオフェルミンがない場合は、純ココアで代用する。
(調整ココアは不可)

そして、少し昇温して消化を促し様子見。
これで大抵の消化不良や、消化不良から来る転覆病は治してきた。(酷い場合は絶食)。
お陰で今日はカイチョー(快腸か!?(笑))のようである。


出来れば、高齢のひぎっちのために、消化が良くて栄養価の高い餌があれば
いいのだけれど・・・。

乾燥餌は、体内で溶けるというか、水を含む際にどうしても魚体に負担がかかってしまうらしい。

赤虫はいかにも皮が消化悪そうだ。
小さい赤虫のほうが、まだ皮が柔らかいのだろうか?
でも、ある一定量を食べるとしたら、ちいさい赤虫のほうが柔らかい皮かもしれないが、
総皮量では多くなってしまうような気がする。
そうなると、
柔らかい皮だけど、少し量が多い
硬めの皮だけど、少し量が少ない
どっちの方が消化がラクなんだろうか!?(笑)。

それとも、スネールをタタキのように身を柔らかくし、それを与えるのが一番いい!?
そんな気がして来た(笑)。

・・・と、ここまで考えて、これじゃまるで魚の介護だよ!と、失笑(^^;;。


肝心のひぎじーさんは、ぐーすか葉っぱの上で睡眠を貪っておられたのであった。
[PR]
# by arif6 | 2010-04-20 23:34

アベニー ふぐたろう日記
a0014770_2329036.jpg


More >>
[PR]
# by arif6 | 2010-04-06 23:31

アベニー 食事情   赤虫は何故赤い?
ひぎっちは何でも食べます。
なので、出来るだけ色々なものを食べさせるようにしています。


普通アベニーは乾燥餌には慣れ難いと聞きますが、ひぎっちはそれこそ
金魚の友テトラミンからテトラベタ、乾燥赤虫、クロマプロなど、
なんでも食べます(^^;;。

ひぎっちのいたペットショップはイトメをやっていたようですが、
なのに乾燥モノを食べるなんて、ちょっと変わり者(フグ)かもしれません。。。

勿論、イトメも、レッドラムズも、スネールも、ブラインも食べますが、
(あと他に、小エビなども)
どうやら冷凍赤虫が一番好きなようです。
なので、生の赤虫を食べさせてやりたいと思うのですが、病原菌が怖くてやれてません。

食事は仕事の都合上1日1回です。
(本当は1日2回に分けた方が、魚にとってはいいとは思います)
1回に大体赤虫6~12本位食べます。(体調や時間、赤虫の大きさによって変動)
今は年を取ったので、その赤虫を一気に食べれないので、
休み休み10~15分くらいかけてあげてます。
おなかいっぱいになると、自分から「もうええわ。今日はこの位にしといたる!」
という顔をして、水草の陰に隠れます(笑)

判りやすいオトコです。

More  >>
[PR]
# by arif6 | 2010-02-07 20:11

イツモ ソバニ イサセラレテマス  by ひぎ
ひぎっちはとても敏感だ。

私が落ち込んでいたり、
煮詰まっていたり、
考え込んでいたりする時、

ふっと水槽に目をやると、ふわふわ漂いながら、心配顔でこちらを見ている。
こちらもじっとひぎっちを見ると、

ドウシタノ!?

と言いたげに顔をちょこっとかしげ、大きな目をキョロっと動かす。

多分本当は、私のことを心配しているワケではサラサラなく、

なんか食い物、くんねえかな!?

と、水面チラ見チェックでもしているのだろうが(笑)。


それでもなんだか癒されたり、
ひぎに悟られているようじゃ終りだな・・・
などと戒めたり^^;;。


今日のひぎっちは、下の鰭にまた白い点らしきものをつけている・・・。
以前1日で消えたデキモノモドキだと良いのだけど。

大分老体になって、動きや泳ぎが老人の動きに似てる感じになって来たけど(笑)、
(なんか、カフカフしてる感じの)
それでもまだアベニーだから、特に鰭の動きは超高速なので、
動体視力がモノをいう(^^;

良く見えないんだよな~・・・。
透明感のある感じだから、白点じゃないと思うんだけどなぁ。


でも
ガラス越しにじーーーっとお互いしばし見詰め合っていると
なんだか実はぜ~~んぶ
見透かされているような気さえして来る。

そういやもう、4年9ヶ月一緒に暮らしてるんだもんね(^^;。
[PR]
# by arif6 | 2010-02-07 19:32

ひぎっちの作戦☆☆☆
a0014770_10583387.jpg
私の旅行前に必ずと言っていいほど病気になっていたひぎっちも、
お陰様でもうここ数年健康に暮らしている。

要因を考えてみたのだが、いぶきのエアーストーンを入れたことが大きいのではないかと思う。
いぶきのエアーストーンは高いが、とても細かい泡が出て静か。
アベニーのような小さな魚が泡浴びしても、カラダを煽られない。
そしてなにより、水中にたっぷりのエアーを届けてくれる。
水槽の両端にエアーストーンとフィルターを置いているので、いい具合の水流が
出来ており、水の循環も上手くいっているのだろう。

が、ストーンの目が細かいために、わりとこまめにメンテナンスをしないと、
細かい泡が出にくくなってくる。
水替えの度に毛の細かい歯ブラシで目詰まりを防いではいるものの、
時々大き目の泡しか出なくなってしまう。
そんな時は一旦エアーを止め、10分後位に再度エアーを送れば、
細かい泡が戻る時がある。

ある昼下がり。

More  >>
[PR]
# by arif6 | 2009-12-31 10:58


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30