<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

動物達が教えてくれること
ひぎっちが亡くなって三ヶ月も過ぎ、来月でもう四ヶ月になります。早いものです。

遺影の前には毎日水とお花。
(カルキの入った水道水はかわいそうなので、ミネラルウォーターか、
懐かしの水槽と同じ水を備えています(笑))
今はコスモスが沢山。
時々、大好きだった赤虫も。
私が会社に行っている間も淋しくないようにと、アクセサリもお供に。
未だ完全に親バカ状態です(笑)。



近所に、仲良しの黒ラブがいます。彼は飼い主に恵まれていず、いつも淋しそう。
私は餌をあげたことも、散歩をしてあげたこともありませんが、飼い主と居る時も彼は、
飼い主を振り切って何故か私に寄ってきます(^_^;)。

繋がれたままの彼の前を通る時、


負けるな!頑張れ!


と、目を見て念じている気持ちが届いているのかもしれないと思いました。


私が病院に定期検査に行く日、彼は珍しく家の中に入れて貰っていました。
再発していたら嫌だなぁと不安に思いながら横を通ったとき、家の中から、
短く、ワン!ワン!と、彼が吠える声がしました。
姿は見えませんがまるで私を追いかけるように声は移動していました。
柔らかい、それでいて力強い声でした。
まるで私を励ますかのように。
いつもは吠える気力さえない彼の、精一杯のエールでした。


心配しないで。大丈夫だよ・・・・・・・


毎度ドキドキしながらの検査も、何故か「きっと大丈夫」と、心が落ち着いていました。

結果は、なんともありませんでした。



ある日、短い夢を見ました。
その夢の中で、私はカラスの羽を拾いました。
誰かが頭の中で、「それは幸運を運ぶ羽。必ず拾いなさい」と囁いていました。

それから1週間後位でしょうか。
そんな夢の事もすっかり忘れていたのですが、
道路の端に、濡れ羽色の美しいカラスの羽が落ちているのが目に入りました。

その時、「なんだかこの光景、見た覚えがあるなぁ・・・」と、感じ、
カラスの羽を拾った夢の事を思い出しました。

これがその幸運を運ぶ羽・・・?
そう思いましたが、夢と違い私は、その羽を拾わずに通り過ごしました。

その道はある場所へ行く為の道で、普段は全く行かない街でもありました。
ただその次の日もそこへ行かねばならず、大雨の中私はその道を再び通りました。
道の脇は雨水がそこそこ流れていて、羽はもう流されているだろうと思いました。

昨日羽のあった場所に差し掛かると、少し薄汚れてしまった羽が、
奇跡的にまだ残っていました。

私はそれを拾い、持っていた封筒の中へ入れました。

さあ、この羽は何を運んでくれるのでしょうか(笑)。
[PR]
by arif6 | 2010-10-28 21:19

夢のコラボ(笑)
今、同じ日本、それも凄く近くにメッシとナダルがいると思うだけでワクワク!
[PR]
by arif6 | 2010-10-07 18:26


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31