<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

高校野球 わたしの秘密
(気が向いたら続く・・・って、すかさず続いている(笑))

野球部の女子マネになった時、ひとつだけ決めていたことがあった。
それは、
もしも部内で特定の好きな人が出来てしまったら、野球部を辞めようと言う事だった。

■登場人物
笹岡りえ(管理人)
 小学校より甲子園の全試合を観戦し、観戦記をつける高校野球オタク
中川英司   同級生 キャッチャー。口数は少ないが、内に秘める情熱は熱い、
         期待の大型捕手。白が似合う好青年
金井孝也   同級生で、中学以来の友達。内野手。話好きでノリが
         ちょっとおばさん(笑)。けっこう訛っているが、将来は手堅い職業に就きたいと
         思っている          

More
[PR]
by arif6 | 2006-07-26 23:46

高校野球 かくも うづぐじぎ
先日、ひょんなことから、有志による母校野球部のHPを発見した。
私が在籍していた以前から、現在に至るまで主な大会・予選の試合結果が
全て網羅されており、掲示板まである立派なものだった。

私が女子マネをしていた頃は、珍しく夏の予選3回戦まで行った。
(それまでは、いいとこ1回戦勝つくらい)
風の噂で、在籍時より偏差値が上がってしまい、
どの部も閑古鳥だと聞いていたが、なんと、ここ数年は部員数がひとケタにまで
落ち込んで、1勝どころか、部の存続さえ危ぶまれていたらしい!
折からのサッカーブームと、もともとサッカーの強い地域だというのも
追い討ちをかけたのだろう。

もう10年以上前になるが、ボールの差し入れを持って野球部を訪れた時は、
私たちの頃にはなかったナイター設備や、バッティングマシンまで買ってもらっていて
「いいな~、いいな~!羨ましいな~!(´ρ`)」を連発していたものだったが・・・。

a0014770_0183455.jpg前にも書いたが、当時はボールさえ満足に買って
もらえなかった。学校の予算は、間違って全国大会に
出たサッカー部
が殆どを遣ってしまっていたので、
野球部には雀の涙程度しか回って来なかった。

練習後、グラウンドのまわりの草むらを、
ボールを捜して歩いた。
擦り切れて、縫い目から中の糸が出ているボールを
拾っては家に持って帰り、縮んで擦り切れた革を
伸ばしながら繕った。家庭科の課題も満足に
提出しなかったこの私が、だ!


課題のミシンのテクよりも、この痛みまくったボールの革を切れないように、且つ、
再び裂けない様に縫い合わせる、かけはぎ職人の如き技を評価して欲しいものだと、
何度も思った(笑)。
それでもお金が足りないので、オフには寒風吹きすさぶ国道沿いに座って、
援助交際の客引き・・・じゃなく、地味~に交通量調査のバイトをした with鼻水。

そんな健気な(自分で言うなよ)野球部の女子マネージャーは、
さぞかし部員にもてるだろうとお思いの方も少なくないだろう。

そんなことは全くない。

ヤツらは(笑)、一緒に汗&鼻水して、身の回りの世話をし、ジャージ着てる女子マネより、
スカートの長さとか、化粧に興味のある女子のほうが好きなのである。
で、彼女らがフラれたなどと噂を耳にすると「~ちゃん、かわいそうだよなあ~」「だなあ」
と、いたく同情して気もそぞろ。
外野が外したボールを拾って、あさっての方向に「キャ~☆」と、投げて返した
女子に「あの子、優しいなあ~」「だな!」と、デレデレ。

弱小野球部に恋して、粉骨砕身尽くして報われない私はかわいそうじゃないのか!
おまえのきったないユニフォームを洗って、縫ってる私は優しくないのかよ!?


と、ドツキたくなった。
恋人や夫のように、男と言うものは、身近に居る女性の配慮には全く気付かないか、
当然だと思うフシがあるようだ。
・・・ということを、10代にして悟った管理人だった。
そして×年後、その悟りがなんら役に立っていない管理人でもあった(笑)。

どうせ、好きでやってるんだからいいけど、たまにはウソでも
「ありがとう。キミの縫ったボールは良く飛ぶよ!(・∀・)」
とか言って欲しいのよね。
オンナ心って、そんなもん。。。(・・・って、何の話!?)


(気が向いたら、続く(笑))
[PR]
by arif6 | 2006-07-25 00:42


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31