ひぎっち大そうじ ミ ☆
a0014770_21524154.jpg
今まで、大体3~4ヶ月に1度は、底面フィルターの掃除をしていた。

底砂の下の底面フィルターの中には、網に入ったバクターセルや、キューブ、
ウールなどが入っている。
本来、この頻度で底砂を出したりの大掃除をしていたら、バクテリアに影響を与え、余計水に良くない気もするのだが、外掛けフィルターはやはりパワーに欠けるので、結構な汚れが溜まってしまう。

が、ここのところは8ヶ月以上、それをやっていなかった。


というのも、ひぎっちを掬い上げて、別の水槽に移しての大掃除は、
老体に影響も大きく、二の足を踏んでいた。

が、そろそろミズミミズ君たちがちょろちょろし始め、

「う~・・かなり底面汚れているんだろうなあ~」

水質検査では、アンモニアは勿論、pH、亜硝酸も大丈夫だったが、
ひぎっちの体調も良さそうだったので、思い切って大掃除を敢行!

別水槽にヒーター、ブクブクを投入し、本水槽の水とともにひぎっち移動。
アミの中で大暴れして抵抗するひぎっち(笑)
ごめんよ~(^^;;
移った後も、めちゃくちゃ変色してストレス感出しまくり。

底砂を全て出す。乾燥したりザラザラするとバクテリアがダメになってしまうので、
そおっと取り出す。
からっぽになった水槽の取れにくかったコケなども擦り落とす。
底面フィルター内のウールなどはいい感じになっていた。
これだったら、かなり長期間大掃除をしなくてもいいかもしれない。

大掃除の時は、水替えは同時にしない。
汚れた底付近の1~2L位は仕方ないので抜き取り、それでろ材等をかるくすすぐ。




住み慣れた我が家に戻ったひぎっちは、暫くして体色も元に戻った。
ただ、ブクブクの細かい泡がいつもより多くカラダ中に付着。
これはきっと、アミに掬われたりしたことによって、表皮のヌルヌルが
取れてしまったことに因るのだろう。

あの魚の表面のヌルヌルが、どういう役目を果たすのかは正確には知らないが、
多分、カラダを守っているのだろう。
それは免疫力にもなって、菌などからも身を守っているに違いない。
う~ん。ヤバイ。
ヌルヌルには、ヌルヌルってことで(笑)、スネールのヌルヌル部分を食べさせた。
(中国の食方式ね!(笑))
本来は大規模な水質変化があったときは、エサはあげない方がいいのだが(^^;。


なんとか大掃除後も元気に泳いでいるひぎっち。
ホッ・・・。
12月で5歳7ヶ月を迎えるが、もしかしたらこれが最後の大掃除に
なるかもしれないな・・・などと、チラリと考えてしまった(涙)。
というより、小さなカラダで結構なストレスだと思うから、もう2度としないで
あげたいと言うのが、大きいだろうか・・・。

水替え等、環境変化のあった日は、早めの就寝にする(笑)。
ただ、やはりそういう日は落ち着かないのか、遅くまで暗闇の中で泳いでいる
時が多い。
で、今日の寝床を決めてそこらへんでぼおっとしている時、
部屋のドアを開ける音を立て、例の小窓からこっそり観察すると、ドアの方を見て、
闇の中で私を探すひぎっち。
寝ようとしていたくせに、「おやっ!?」という顔をするのだ。
a0014770_22421880.jpg

隠し撮りでしかも急いで小窓から撮ったのでわかり辛いが、こんな感じ(笑) →

でも、姿が見えない(寝させるために、暗幕をかけるので)ので、不思議そうに
ドアの方(小窓の方)を凝視して、そろり、そろりと泳いで来る。

その様子の可愛さに、ひとりもんどりうっている姿は、正直誰にも見せられない(笑)。
[PR]
by arif6 | 2009-11-23 22:48
<< ひぎっち 身の危険を感じた!?... アベニー ひぎっちの好きなもの >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30