ながぁ~~い アベニーの話
水槽歴3年と半年のひぎっちは多分、現時点で少なくとも4年半~5年近く
生きているのではないかと思います。
(何故ならうちに来た時、既にゆうに2センチは超えていたので)

勿論、もっと長生きのアベニーもいますが、熱帯魚を飼ったこともなかった私が、
よくここまで来れたなと(その間、仲間のふぐたろう、ふぐ子の死という悲しい出来事も
ありましたが)。

単純に、ひぎっちという固体が強い(エロモナスになったから、強いと言い切れるか
どうかは疑問もありますが、結果として克服したので強いのかな^^;;?)
というのが大きいのだと思いますが、
私なりに飼育に気をつけていることを、書いてみたいと思います。






◆刺激とストレス
人間でもそうですが、あまりストレスがありすぎると、長生きは難しくなります。
ストレスは、人間の免疫力を落とす最大の敵だからです。
免疫力が落ちると、ウィルスなどに負け、人は病気になります。
免疫力が高ければ病気になり難く、なっても軽度で回復出来ます。

一方で、適度なストレス・・・刺激は、精神や体を活性化させます。
つまり、過度なストレスは寿命を縮める結果を招き易いが、適度なストレス(刺激)は、
心身の健康に役立ち、ひいては長生きの元になると言えるでしょう。

同じ生き物として、アベニーにもそれがあてはまるように思います。

幸い、うちのひぎっちは1匹なので、他の魚によるストレスはありません。
自然界では脅威となる、他の大きな魚に襲われると言う心配も、
多分していないと思います(笑)。
(アベニーが、この四角い水槽と言う世界を、どのように捉えているかがわからないので、
難しいところではありますが)

思うに、オス1匹だけで、生殖等の一連のことを経験していないと言うのは多分
良くない事だとは思います。
このままでは、ひぎっちには適度なストレス(刺激)がなさすぎですね(笑)。

ですので私は、出来る限りひぎっちと遊ぶようにしています。
指を左右に振って追いかけさせたり、時にはスポイトで泡や小さな水流を作って
抗わせてみたり、音に反応させたり(隠れながら名前を呼ぶと、ちゃんと聞こえていて、
声のほうへ寄って来て探しています)。
飼い主とのコミュニケーションと言う、刺激を与えています。

あと、スポイトで「びゅーっ!」と、ひぎっちのカラダに水流を当てて遊ぶのには、
カラダに付いているであろう余計なものを、水圧で払うのも兼ねています^^;。 
そんなので目に見えない菌とか虫が払えるかは、甚だギモンですが。
気休めに・・・・(笑)。

そうやってかまっていると、日によって表情が違うとか、元気の度合いが違うとか、
判るようになります。
なので、自ずと病気の発見も早くなります。


以前どこかで「ストレスに晒されていれば、アベニーの複数飼いでもケンカしない」
つまり、

「そのストレスに打ち克つ方に注意が行き、皆で協力し合うようになるから」

と言うような事を言われている方がいました。
なかなか深いな~!それはあるかも?と、思ったのも束の間。
そのストレスとは、水道水をそのまま(温度合わせも、カルキ抜きもしないまま)水槽に
入れると言う事でした。しかも、毎日取り替えてるとか!!!
つまり、その環境の激変と言うストレスでアベニーはケンカしない。
そして、毎日大量替水なので、水がきれいなので病気にならない。
1匹も死なせた事がない!!と、豪語されていました。

その方は、「病気で死なせてない」ことを誇っておられましたが、多分、
病気にならなくても長生きはしていないのではないかと思います。
飼育には色々な考え方があるでしょうけれど、個人的にはこのやり方は好きではありません。
過度なストレスで黙らせる・・・それはまさに拷問部屋に閉じ込められた
罪なき人たちと同じ状態ですね。


◆.。.:*・゚゚・ 水 .。*・゚゚・*:.。.
魚にとって水は、飼い主の関心を得るのと同じ位大切です(たぶん 笑)。
安定した水は、独特の匂いがあります。
これは私の感じ方なので、自信がある!と断言は出来ないのですが、安定した水は
生臭さや、勿論異臭がないです。何のニオイが近いだろう?と、考えたのですが、
薄墨のニオイに近い感じがします(笑)。そして、「水が磨かれている」と言うのが
近い輝き方をしているように思います。

うちの水槽は、悪評高い外掛けフィルターと、底面フィルターを直結しています。
一時、外部フィルターに変えようかと悩んだのですが、止めました。

何故なら、水質が変ってしまうからです。

ひぎっちは既に高齢でしたし、そこでの水質の大きな変化は、決して良い結果を
もたらさないだろうと思ったからです。
例え、外部フィルターで「より良い水」が作り出せるようになったとしても、
ひぎっちにとって「良い水」とは、長年慣れ親しんだ水質、または、
(水の)循環リズムに違いありません。


1週間に1度、水替えをしています。
使っているカルキ抜き等も、ずっと銘柄を替えていません。

水替えの時、以前は外にひぎを出してやっていました。(底砂の中のゴミが舞い上がって、
そこからカラムリナス菌にやられる可能性があるので)が、
魚にとって掬い出されると言うのは、人間が考えるよりストレスが大きいようです。
なので、もうずっと入れたままやっています。なるべく、ゴミを舞い立たせないように。
(基本、赤虫も1本ずつ与えているので、食べ残しは一切ない)

水替も、必ずヒーターを使って水槽内の水と同じ水温のものを入れています。
2℃以上の水温差は、小さいアベニーにとっては結構なストレスになります。

そして、一気には入れません。時間があれば、朝と夕方に分けて。
1度でも、慣らしながらゆっくり入れます。
ストレスを感じているか、大丈夫か?は、体色&動きで判断します。
ストレスを感じると上下動等、動きが激しくなり、体色も黒いブチが濃くなります。

よく、水を汲み置いただけとか、日光に当てただけの方がいますが、
カルキや重金属等は、それでは抜けないそうですので、必ずカルキ抜き等を
使ってあげて下さい^^。
それで直ぐに死ぬ事はないにしても、重金属等は排出されず体に蓄積されるそうなので、
健康に良くないですね。


◆病気になった時・・・
体験して、学んだ事は、

「慌てず 焦らず けれど 手当ては迅速に」

です。
病気になると、その苦しそうな状態にショックを受けたり、とかく慌ててしまいます。
が、焦って慌ててやった事は、概して良い結果にはなりません。
様子がおかしくなるには、必ず何らかの原因があります。
それを冷静に見極め、見極めたら、手当ては迷わず迅速にしないと、
手遅れになってしまいます。

私はひぎっちカレンダーをつけていて、いつ、どのろ材を交換したとか、
様子がどんなだったとか、気になった事等を書き込んでいます。それがあると、
病気の原因究明に役立つ時があります。

そして、病気になったら、病気日記をつけます。
数時間毎に様子や、薬の量や、投薬の方法、水温、餌の有無、病変の部位、
図等を克明に記載しています。
それは、2度目にエロモナスになった時などにとても役に立ち、それがあったからこそ、
焦らずに治療が出来ました。
人の記憶は意外にいい加減なものなので、常に記録する事を心がけています。


◆そのほか気をつけていること・・・
朝一の水は使わない
うちの水道管は古いので(笑)、朝一の水は使いません。良くないと言いますよね。
新しい水道管のマンション等では大丈夫だそうですよ^^。

水槽周り、使う用具、バケツ等は常に清潔に保つ 

昇温、降温は時間をかけて行う

冬はヒーター2本入れ
万が一1本が切れても大丈夫なように、26度のオートのものを保険で

飛び出し防止でフタの隙間は完璧に塞ぐ

餌は色々与え、赤虫だけにしない


最後に、一番大切にしていること・・・

生き物を飼うからには、時間、手間、お金、愛情を惜しまない。
どんなに小さくても、生き物を飼うということは、命の責任を最期まで負うということ。
命の営みに休みはないから、毎日継続することはとても大変!
でも、そのために何かを犠牲にするのは、飼い主として当たり前の責任です。
それが出来ないのなら、生き物を飼ってはいけないと、自分では思っています。

(これは、ズボラな自分への戒めであり、飼っていた生き物への、哀悼の意でもあります)

だから、これからもひぎっちが快適に、1日でも長生きしたい!と、思ってくれるよう(笑)、
全力を尽くして、親(爆)として頑張りたいと思います^^;。
[PR]
by arif6 | 2008-11-02 23:53
<< ひぎっち☆のお正月 アベニーのアンチ・エイジング! >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧