アベニーパファー: ひぎっち闘病日記 5 完結編
a0014770_0131229.jpg■11月3日
アクアセイフのお陰か?!
ひぎは少し呼吸が落ち着いていた。
しかし、まだエサは食べず、沈んだままだった。
痩せて来ている。
しかし、飼い主は一向にヤセる気配がない。

もう猶予はない気がした。
薬を規定量の半分投入することを決心する。
その量を更に半分にし、3時間ずつかけて、2段階で投入
この黄色い液体が薬となるのか、毒となるのか・・・?
溶けていく様を、祈るような気持ちで見守った。

■11月4日
次の日の朝、ひぎのヒレや目は白濁が取れ、透明に戻っていた。
名前を呼ぶと、それに併せるかのようにヒレを少しパタパタした。
昼休みにテトラにアクアセイフの併用の事を電話で聞く。
結論から言うと、問題ないとのこと。
治療に銅を使う場合があり、その場合、水中の重金属を中和してしまうアクアセイフを
入れてしまうと、治療の効果がなくなってしまうからだそうだ。
また、仮に銅が入っていたとしても、効かなくなるだけで、化学反応をおこして、
有害物質が出来たりはしないそうだ。

連日の徹夜による睡眠不足と心労が、ほっとしたことにより一気に襲い掛かり、
目も白濁し、弱った魚のよ~に会社でひっそりとする管理人であった。

■11月5日~
結局、半分の薬量で、ひぎは快方に向かった。
薬浴中は基本絶食だが、体力勝負なので食べるならエサをやったほうがいいとの
アドヴァイスで、毎日スネール(貝)を潰しては1個食べさせた。
このスネールも、熱帯魚屋さんに頼んでもらって、ペットボトルで養殖しているもの。
家族に気持ち悪がられて、大顰蹙。まさか、魚の為に赤虫を冷凍庫に保管とか、
得体の知れん貝を養殖とか・・・まで逝ってしまうとは、思いもよらなかった管理人(笑)

スネールはひぎの大好物で、赤虫は食べないものの、これだとなんとか食いついていた。
その代わり、薬と塩の入っている水は痛みやすいので、負担にならない程度に
水を換える。その際は勿論、ちゃんと塩も薬も同じ濃度の水を追加する。
これが意外に、面倒くさい。

10日ほど薬浴をしたのち、先に薬を抜いて、その後塩を抜く。
(同時に抜かないほうがいい)
薬を吸着する活性炭をろ過器に戻す。これで徐々に薬が抜けるはず。
ショップの人いわく
「塩を抜くときは慎重に!ここで体調を崩すことが多いです」とか。
塩は、4㍑水量なので、1㍑ずつ、1ヶ月かけて真水に戻す。
それも、1日一気に1㍑抜くのではなく、最初に400cc,二回目に600ccを
スポイトで徐々に換えて行く・・・を執った。

お陰さまで、ひぎは体調を崩すこともなく、順調に・・・と、行く筈だったが、
真水に戻ってしばらくして、ふぐたろうのように「転覆」してしまって、
泳げなくなってしまったのだ!!


またふぐたろうの二の舞か!?
と、心臓が止まりそうになったが、自分を落ち着かせ、そうなってしまった原因を
探る。それさえ解れば、絶対にひぎは治る。エロモナスを克服したんだ!
と、言い聞かせる。(笑)

思い当たるフシ
闘病中から、えずく(ゲップのようなしぐさをよくしていた)。
たまに身を左右によじる。

そんな症例はどこを探しても見つからなかったが、自分で想像してみる。
「自分がえずくときはどんなときか!?」
それは、食べ過ぎたりして胃腸の具合が悪いとき。
ひぎも胃腸がおかしいのだろうか?
何故?
薬を抜いてから、腸内への菌付着を抑えるために、薬に浸した赤虫を食べさせていた。
そして、体力回復のため、健康時と同じ量の赤虫を与えていた。

まてよ?
人間だって病み上がりはお粥とか、絶食後にいきなりの普通食だと胃に負担が
かかる。ましてや、薬の浸みた赤虫だと、腸にも負担が大きかったのかもしれない。

結論
おなかを壊しているのだろう。


ということになり、消化をよくする為に水温を徐々に上げる。
そして、絶食4日間。
ストレスを与えないために、病気のときと同じように水槽の3面を布で包んだ。
初日で転覆は収まって、ほっとする。やはりおなかを壊したことによる
転覆病だったのだろう。(けれど、フンはずっと出ていた)

そして絶食以降、ビオフェルミンとココアを浸した乾燥赤虫を少しずつ与える。
これらは、整腸作用があり、エロモナスなどの腸内の菌も殺し、栄養分にもなる
というスグレものだ。
えずきがなくなって来たので、赤虫ではなく、ブラインシュリンプから与える。
そして赤虫へ。

ふぐたろうも、こうやって落ち着いて対処していれば、助かっていただろうと思うと、
遣る瀬無かったが、ふぐたろうが身をもって教えてくれたことが、こうやってひぎの
命を救ってくれた。

11月からの、なが~~~い闘病生活が終わろうとしていた。


【おまけ】
*小数点以下の物質の計り方

郵便局へ。
郵便物の重さを量るフリで、小数点以下の重さまでここでチェック!
怪しまれないコツは、ちゃんと(本物の)郵便物も出す事(笑)。

*腸炎・消化不良から来る転覆病の治療
症状として、転覆したり、ゲップをするみたいにえずく。
呼吸がやや荒い。

カラダにやさしいココア餌の作り方
ビオフェルミン1錠を粉々にし、純ココア粉と一緒に少量の湯で良く溶かし、
そこに乾燥赤虫を入れて、30分くらいかけて染み込ませてふやかす。

ビオフェルミンには整腸作用があり、食べすぎによるフン詰まり等も解消。
また、純ココアにも、上記の整腸作用の他、殺菌効果もある。
なので、単純な食べすぎによる転覆病のみならず、細菌による
転覆病にも効果があると思われます


ココア浴は面倒だし、かといって、ココアを固めたココア玉だと、食べなかったり
水槽を汚すだけだったので、この方法を編み出しました。
金魚と違い、乾燥餌を食べないアベニーですが、このココア赤虫は食べました!
但し、腸を一旦空っぽにして整える為、最低3日の絶食後に、少量づつ・・・最低
3日は与えます。

  * * * * * *

a0014770_014886.jpg

今まで、犬・猫・ハムスター・鳥と、ペットが居ましたが、熱帯魚が一番面倒で大変・・・_| ̄|○
[PR]
by arif6 | 2005-12-29 23:58
<< 大学病院24時! アベニーパファー: ひぎっち闘... >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧