アベニーパファー: フグ男改め、ひぎっち闘病日記 3
a0014770_23313578.jpg


■11月2日
塩を入れたお陰か!?ひぎの赤斑点は消えた
が、とうとうエサを食べなくなってしまった。底に沈み、じっとして目も動かさない。

薬を投入するしかない。
けれど、ネットで情報を探しても、どちらの病気なのか判断がつかなかった。
最悪は、例えば赤いのは単なるケガで、病気は細菌性の別の病かもしれなかった。

病名の判断を下す場合、「何故その病になったのか?」原因を探ることが大切だ。
その原因を解決しなければ、同じ過ちを繰り返してしまう。

何故私がコレステロール値が高いのか!?
それは、ウニや魚卵系が好きだから。(でも、イクラは苦手・・・)

とか(笑)。

17センチキューブに1匹飼いだったら、過密でもない。
週1回の水換えもさぼった事はない。
時間が許す限り、様子を観察していた。観察しすぎて、それがストレスになったのだろうか?
「デカイカオ ソンナニ チカヅケルンジャネーヨ! コエエダロ!」
と、ムカついていたのやもしれぬ。

思い当たることがひとつだけあった。
それは、斑点が出来る2日前、日中の最高水温が32度になっていたのだ!
(最高・最低水温を記憶する温度計で、留守の間の温度がわかる)
夏はずっとクーラーを入れてやっていたので(贅沢)、30度を超えることはなかった。
が、朝晩は26度程度と秋になったため、油断してしまっていたのだった。

そのため、急激な水質悪化が起きてしまい、多分、エロモナスに
なったのではないかと思われた。
小さな水槽の最大の欠点・・・
水温・水質保持の難しさ。
初心者ほど大きな水槽でなければ管理できないという鉄則が、
今更ながら目に沁みる。
・・・塩を分けた手でそのまま目を擦ってしまったのだ。
赤穂の塩 into まい 目。
[PR]
by arif6 | 2005-12-06 23:32
<< アベニーパファー: ひぎっち闘... アベニーパファー: フグ男改め... >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧