わが野球人生に悔いあり! その2
地道にインフラ整備から始め、(笑)
荒れ放題だった部室の床が土間じゃなくてコンクリだった事が判明!
(ドロが地層化してた。5センチは厚みがあった!!
窓も、水道もなく、そこまで掃除するのは半端じゃなかった!
しかぁ~し!隠してあったエロ本とか、全部捨ててムカつかれた)
有名高校の練習を研究して選手に紹介したり、(全国の有名高校に手紙を書いて、
球児やマネージャーと文通をして情報を集めました。
その年、甲子園に行ったチームもありました)
スクラップブックを守備毎に作って部室に置いたり、身体のケアの勉強をして
アドヴァイスしたり。(役に立ったかどうかは不明←無責任)

練習時間は2時間半(冬は、ナイター設備がないので、ボールが見えるまで)と
決まっていたので、如何に効率を上げるかとか。
部員は、初めは照れて誰も話し掛けてくれなくて哀しかったけど、
段々みんなも認めてくれて、最後は監督までも私に

「この場合、どうすればいい?」

と、試合中に作戦を聞いてくる始末。(道理で弱い訳だ)
で、スコアブック、ヒットは赤ボールペンで書くんですが、バッターボックスに向かう選手に
「~君、そろそろ赤ボールペン欲しいなあ~(・∀・)」
かなんか言って、さり気にプレッシャー(爆)
最後の夏はなんと、今迄最高の3回戦で0-1サヨナラ惜敗!
勿論公式戦は、予選でもその頃はベンチに入れなかったので、
スタンドで私の3年間は終わりました。

強豪高のマネージャーのイス争いは凄いらしかったですよ。
その点、うちは「ほのぼの野球部」。甲子園なんか、口にするのもおこがましい。
練習終った後、キャッチボールして貰ったり、打たせてもらったり(笑)
(本当は自分が野球やりたかった)
ぼけ~っとしてて、しょっちゅうボールが当たって、カラダ中アザだらけ。
オマケに陸上シーズンは陸上部にお嫁に行くのでお留守。といういい加減さ・・・。
勿論、合宿とか、泊りがけの遠征もなし。
予算がないのでボールが買えない。よく拾って家に持って帰って縫いました。
真剣に自身としては「甲子園」目指してたんですよね~(笑)

最後の追い出し会の時、ひとりひとりに3年間の打率とか、防御率を計算して
手紙と一緒にあげたのです。そうしたら、キャプテンが

「今迄しょうもない野球部の為に色々ありがとう。甲子園に連れて行ってあげられなくて
すまん!」

って、言葉を詰まらせながら男泣きして言ってくれて・・・。
無口で、サヨナラ負けした時も泣かなかったキャプテンだったから、すごく驚きました。

<続く>
[PR]
by arif6 | 2004-09-28 23:05
<< わが野球人生に悔いあり! その3 わが野球人生に悔いあり! その1 >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31