・・・4
気持ちの整理もつかないまま

「書く」ということで、なんとか落ち着こうとしている感じです。

読み返すことも出来ず、他の方から見れば「感情のままに夜書きなぐって、
朝読み返したらとんでもなかったラブレター」みたいな感じで、
「おいおい・・・」な文章だと思うのですが。すみません。

たかが魚。
されど魚。

飼ってみるまではこんなにフグが賢くて、懐いて、かわいいものだとは思いませんでした。





この年月は、天寿を全うしたものだと思いたいのですが、
今この時点では、後悔だらけです。
唯一は、最期を看取ってあげられたこと。それも私の手の中で。
(ひぎっちが看取らせてくれたのですが・・・)

そんなひぎへの感謝の気持ちと、自分もやれるだけやったという気持ちとは裏腹に、

でも、それでももっと長生きする事が出来たんじゃないのか?
何がいけなかったのか?
そう思ってしまう自分が居る事も事実です。
「充分長生きしたよ」との言葉を貰っても、「ひぎっちはもっともっと生きたかったのかもしれない。
どうしてそれを実現させてやれなかったのか」
今はまだ、その気持ちの方が大きいのです。
(そう言葉を掛けてくれる友人達に感謝し、救われていることも確かです。)

一方で、
金魚すくいの金魚しか飼った事がない、
アクア初心者の私と、外掛けフィルターという最弱タッグにもかかわらず、
よくぞここまで生きてくれた!という思いもあります。


・・・・・と、ここまで書いてUP出来ずに居ました。
今は何とか大分落ち着きました。


今まで一緒にひぎを暖かく見守って下さった皆様、本当にありがとうございました。
飼い主以外の方からも愛情を頂く事が出来て、
ひぎっちは幸せものです。


今頃天国でふぐたろうとフグ子に、

「や!待たせたな!」

とか言って、

「あれから随分頑張ったね^^。妬けちゃうヨ!」

と、冷やかされながら暖かく迎えられていることと思います。
a0014770_19182364.jpg

左の白い陶器は、ひぎっちが見ると大喜びしていた赤虫を入れていたひぎっちのゴハン茶碗。
真ん中のクマはお墓で、上に乗っているのは慣れ親しんだ水槽の砂です。耳に付いているのは、
ナザルボンジュ。天国で大きな魚に苛められないように・・・とお守りの意味と、
両目の役割を果たすようにの願いを込めて。

[PR]
by arif6 | 2010-07-20 23:13
<< 不思議なできごと ・・・3  約束 >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧