・・・3  約束
今までに沢山の動物達を飼って来たが、天寿を全うしたのを見届けた後、
同じ動物を2度飼ったことはない。

何故なら、それは約束だからだ。

たとえばひぎだったら、私にとってひぎは唯一無二のアベニーだから、
もう二度とアベニーは飼わない。
ペットたちは自分だけを愛して欲しくて、ヤキモチ妬きだ。
自分が死んだ後、同じ種類のペットを飼ったら、絶対に悲しむはずだ。
いや、それ以前に私や家族は、「死んだから次」ということが出来ない性格なのだ。






徹夜でひぎを見守ったが、容態は改善されていなかった。
初めて私の作戦は上手く行かなかった。

いつかこんな日が来るとは覚悟はしていたが、
いざそれが目の前に来ると、抗いたくなってしまう。

老衰と片付けて、目が曇ってしまわぬよう、病気の疑いも捨てずに観察するが、
表皮等に異変もない。
ただ、もしも病気だったとしても、薬を投薬する事は出来ないだろう。
薬に耐えられるほど、いまのひぎにはもう力は残っていない。


今の私に出来ることは、ひぎっちを見守り、淋しい思いをさせないことだけだった。

ずっとそばに付添う。
気付いたら、ほぼ丸1日飲まず食わずだった。

翌朝の10時頃には、ひぎは完全に横たわった状態となってしまった。
それでも、呼びかけや、そっと水槽を叩くと、胸鰭を動かし、
返事をしてくれた。

少しでも私の姿が見えなくなると、渾身のチカラを振り絞って起き上がって探したり、
姿を見るとムリに泳いで見せたりした。

「ホラ!まだまだ元気だよ、ボク。だから心配しないで!」

・・・とでも言いたいかのように。

そばにいると、ムリをする。
かといって、いないと探す。

一体どうすればいいのか。


気付いた時には、アベニーのチャームポイント、大きな目のレンズがなくなっていた。
しぼんだのか?両眼とも平らな目になってしまっていた。

そのせいか、目もほとんど見えなくなってしまったのだろう。
そばにいることを、コツコツと水槽を叩くことで知らせる。
返事をする胸鰭の動きが、段々弱弱しくなってくる。

かわいい目の変化・・・これは、私に覆し難い決断をさせた。
もう、現実を受け入れなくてはいけない。


ひぎをこれ以上頑張らせず、なんとか苦しませずに看取ってあげたい。


・・・が、もともと気持ちも体も強いひぎは、自分の運命を受け入れたくなかったのだろう。
必死に抗っていた。
苦しいだろうに、何度も何度もやってくる強い痙攣を振り払うように、
ちいさな体で闘っていた。
もがき、時々跳ね飛ぶ。


どうか、どうか、これ以上苦しませずにひぎを旅立たせてあげて下さい。

私はひたすら祈った。


もう、頑張らなくていいんだよ、ひぎ。

ずっとそばにいるから。

いままでありがとう。

本当にありがとう・・・・・


数時間にも及ぶ格闘の末、日付が変わった0:31、
私の掌の中で、ひぎっちは永眠しました。
6歳と2ヶ月でした。
[PR]
by arif6 | 2010-07-20 23:10
<< ・・・4 ・・・2 >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧