ヲレ ハ マダ ソッチニイッテ タマルモンカ!  by ヒギ
昨日朝・・・

なんとな~く元気の無かったひぎっち。

泳ぎ方に力がなく、なんとなくふわふわしていた。


暫くして、呼ばれた気がして(笑)水槽を見てみると、葉の上で”く”の字に曲がり、
ナナメになって横たわっているひぎっちを発見!

体色は黒ずみ、背鰭は倒れ、苦しそうに痙攣していた。


やばい!!!
6歳の誕生日早々、お迎えが!?





いつの日か、こんな日が来ることは心の中では覚悟していたが、
いざそれが現実のものになろうとすると、
受け容れる事は出来ない!!と、やっぱり思ってしまう。

「ひぎ!!
頑張って!!負けるな!!ひぎっ(泣)!!」

水槽に貼り付き、思わず叫んでしまった。
すると、ひぎっちは苦しそうな目をして、私をちらりと見た。
そして、その痙攣に抗うように、体を伸ばそうとしていた。

ああ、もどかしい!
こんなとき、犬や猫だったらなにかしてあげることが出来るのに。
魚はどうしたって、手を差し伸べてやることさえ出来ない。

私の応援と、それに必死で応えようとするひぎのもがきが続いた。


すると、ふわっと葉の上からホバリングし、よろよろと泳ぎ始めた。
背鰭はまだ倒れたまま。
が、少しずつ体色は黄色味を帯びはじめ、黒ずみは取れて来ていた。

ひぎっちは私の前に来ると、安心させるかのように泳ぎ始めた。
アベニーを飼ったことがある人はわかるだろうが、
じ~っと、大きな目で見つめるのだ。
何か言いたそうに(笑)。
ただ、ひたすらに。


背鰭も戻り、確認するかのように、尾っぽをゆっくり開いたり、閉じたりしていた。

その後、徐々に元気を取り戻し、ごはんもフツーに食べていた。


いったい、あれはなんだったんだろうか?(^^;;


三途の川渡りかけていて、戻って来た!?(^^;;;;;


・・・・・でももう、正直カラダはぼろぼろなんだろうなあ。
魚の寿命は大きさに比例するって言うから、こんなちっぽけな魚がもう6年も
生きてるんだもの・・・。

その昔、ガンを患ったハムスターを飼っていた時のこと。
朝会社に行こうとしたとき、ハムのケージから「行かないで!」という
声が聞こえた気がして、会社を休んだ。
その日の昼、私の手の中で可愛がっていたハムは逝ってしまった。
突然だった。決して調子は悪い感じじゃなかった。

もしも出社していたら、間違いなく看取ってあげることは出来なかった。
声は気のせいじゃなかったと思った。


今回もなんだか、ひぎっちが絶対に私を呼んだに違いないと、
勝手に信じている親ばかです(笑)。
[PR]
by arif6 | 2010-05-09 08:56
<< ひぎっち 命がけのかくれんぼ!? 年長組か小学一年生 >>


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧