「ほっ」と。キャンペーン


ミイさんへ  対処法について
ミイさん
油膜はあまり気になさらなくてもいいかと思います。
どうしても・・・という事であれば、ティッシュを水面に広げて乗せ、吸い取るといいと思います。
引き上げる際は、油膜を水槽の片面に押しやる感じで全部吸い取ってください。
(専用の紙もペットショップで売っています)

油膜より気になるのが、餌です。
小さい水槽だと、たった1本の赤虫の食べ残しが水質の悪化に繋がります。
食べ残しや見過ごしで底面に赤虫が1本もない状態に保ってください。
また、餌のやりすぎも糞尿を増やして水質悪化を早めます。
(エサは「満腹」まであげないほうがいいです。人間と一緒で、健康のためにも)
水ミミズは水質の悪化からくるものですので。

水ミミズは、少しはいても気にする事はないですが、追いつかないほどいるというのは、
やはり水槽環境に改善の余地があるかもしれません。
ところで、水量はどの程度なのでしょうか?
水質安定のためには、最低でも20Lは欲しいところですが、どんな水槽にも
バクテリアが必須です。

バクテリアは、水中、水槽のガラス面、フィルターの中、底砂、多孔質の石など
さまざまな場所に生息します。バクテリアのためにはエアーと、エサ(アベニーの糞尿)が
必要です。また、30度を超えると殆ど死滅すると言われますから、高温は禁物です。
バクテリアが定着するには、最低でも数ヶ月必要です。

つまり、大型替水とリセットをしていては、
せっかく定着したバクテリアを捨てているのと同じです。

水槽リセットは、魚が死ぬなどの病気が発生した時だけに留めた方がいいと思います。
バクテリアがいないと、魚の糞尿などを分解出来なくなってしまいますから、
アンモニアが発生しやすくなってしまいます。つまり、急激な水質変化、
悪化が避けられないという事になってしまい、
死なないまでも、病気になったり、寿命を縮める要因となってしまいます。

大きな水槽だと、どうしても水の流れが悪い死角が出来てしまい、「よどみ」が生まれ、
部分的に水質が悪化して水ミミズが発生してしまう事があるかと思いますが、
小型水槽の場合は、それはないと思うのですが・・・
念のため、水流が強くなりすぎてアベニーが煽られない範囲内で、水槽内の
水循環を考えてアクセサリなどを設置し直してみてください。
私も水槽内の水流には、とても気を遣いました。くまなく水が循環するように。

ちょっと高いですが、いぶきのエアーストーン、おすすめします。
http://ibuki.mite.ne.jp/line_up.html
とても細かい泡が出るので、魚にも、バクテリアにも最適です。これを
入れてからひぎっちは病気をしなくなりましたよ^^!

下記のサイトは私が手本にしていたサイトです。
http://members.jcom.home.ne.jp/m381t/01frame.html
金魚のサイトなのですが、水作りや病気への対処法など、基本は熱帯魚も同じ。
とてもためになる記事ばかりですので、是非読んでみてください。

最近はBBSに来られていないようですが、ここの管理人さんの方針には
ブレがありませんし、確かな経験と知識がおありだと思うので、信頼しています。

知識を得る事は一見面倒に思えますが、トラブルや病気を防ぐ事にも繋がりますので、
逆に自分がラクになりますよ^^。

水は魚にとって命綱です。人間で言えば、空気ですね。
人間は汚れた空気から移動して逃げる事も可能ですが、水槽の魚は逃げる事が出来ません。
言葉で訴えることも出来ません。長くなりましたが、
どうか頑張って、強い水を作ってあげて下さいね。
応援しています。
[PR]
# by arif6 | 2010-12-21 21:52

動物達が教えてくれること
ひぎっちが亡くなって三ヶ月も過ぎ、来月でもう四ヶ月になります。早いものです。

遺影の前には毎日水とお花。
(カルキの入った水道水はかわいそうなので、ミネラルウォーターか、
懐かしの水槽と同じ水を備えています(笑))
今はコスモスが沢山。
時々、大好きだった赤虫も。
私が会社に行っている間も淋しくないようにと、アクセサリもお供に。
未だ完全に親バカ状態です(笑)。



近所に、仲良しの黒ラブがいます。彼は飼い主に恵まれていず、いつも淋しそう。
私は餌をあげたことも、散歩をしてあげたこともありませんが、飼い主と居る時も彼は、
飼い主を振り切って何故か私に寄ってきます(^_^;)。

繋がれたままの彼の前を通る時、


負けるな!頑張れ!


と、目を見て念じている気持ちが届いているのかもしれないと思いました。


私が病院に定期検査に行く日、彼は珍しく家の中に入れて貰っていました。
再発していたら嫌だなぁと不安に思いながら横を通ったとき、家の中から、
短く、ワン!ワン!と、彼が吠える声がしました。
姿は見えませんがまるで私を追いかけるように声は移動していました。
柔らかい、それでいて力強い声でした。
まるで私を励ますかのように。
いつもは吠える気力さえない彼の、精一杯のエールでした。


心配しないで。大丈夫だよ・・・・・・・


毎度ドキドキしながらの検査も、何故か「きっと大丈夫」と、心が落ち着いていました。

結果は、なんともありませんでした。



ある日、短い夢を見ました。
その夢の中で、私はカラスの羽を拾いました。
誰かが頭の中で、「それは幸運を運ぶ羽。必ず拾いなさい」と囁いていました。

それから1週間後位でしょうか。
そんな夢の事もすっかり忘れていたのですが、
道路の端に、濡れ羽色の美しいカラスの羽が落ちているのが目に入りました。

その時、「なんだかこの光景、見た覚えがあるなぁ・・・」と、感じ、
カラスの羽を拾った夢の事を思い出しました。

これがその幸運を運ぶ羽・・・?
そう思いましたが、夢と違い私は、その羽を拾わずに通り過ごしました。

その道はある場所へ行く為の道で、普段は全く行かない街でもありました。
ただその次の日もそこへ行かねばならず、大雨の中私はその道を再び通りました。
道の脇は雨水がそこそこ流れていて、羽はもう流されているだろうと思いました。

昨日羽のあった場所に差し掛かると、少し薄汚れてしまった羽が、
奇跡的にまだ残っていました。

私はそれを拾い、持っていた封筒の中へ入れました。

さあ、この羽は何を運んでくれるのでしょうか(笑)。
[PR]
# by arif6 | 2010-10-28 21:19

夢のコラボ(笑)
今、同じ日本、それも凄く近くにメッシとナダルがいると思うだけでワクワク!
[PR]
# by arif6 | 2010-10-07 18:26

【トルコ映画】 YUMURTA たまご

本日は、トルコ語がわからなくても楽しめる映画を1本ご紹介したいと思います!
トルコの風景、日常がたっぷり。そしてお約束のトルコ男の嫉妬(笑)も。
トルコ好きな方には懐かしく、
トルコを知らない方にも興味深くご覧頂けると思います。
 まずは、ダイジェスト版 ↓  ↓  ↓




YUMURTA たまご
2007年 11月 トルコ 1時間37分
監督: Semih Kaplanoğlu
主演: Nejat İşler  Saadet Işıl Aksoy 
 

ストーリー:
イスタンブルに暮らす詩人Yusuf は、田舎に暮らす母の死の知らせを受け、
母の元へと車を飛ばす。
そこでYusuf を待っていたのは、昔の恋人、友人達、そして、母と一緒に暮らしていた
遠縁の若い娘、Ayla 。

トルコの平凡な、けれど美しい風景。
都会で暮らすひとりの男の陰と、若い娘の質素だけれど隠しようのない光の如き美しさ。
どこにでもある日常と、あるきっかけで変わる人生と、淡々と流れ行く人生。
浮き彫りとなる生と死。愛情と嫉妬。
それらが、最小限のセリフと間と映像美で語られてゆく珠玉作。
プロローグの朝靄の中を歩くYusuf の母の姿と、エピローグの
ふたりを包む雷雨音が暗示的で印象的。


大掛かりなハリウッド的映画に慣らされてしまえば、実に退屈でなんのことだか
解らない映画。
が、個人的にはこういう映画大好き。
きっと、ある程度の年齢で、人生についていろいろ身につまされる経験がないと
イマイチピンと来ないかもしれない(笑)。
あと、受身で映像を見るんじゃなく、自ら探ろうとする人とかじゃないと。

トルコには、こういう映画がとても多い。
多少のモタつき感も野暮ったさもひっくるめ、味となっているというか、
愛しい映画が沢山あります^^。


youtubeで10回に分けてUPされています。
が!
ものすご~~く音が小さくてセリフが聞こえない!!(泣)
のがタマニキズ・・・。

YUMURTA FİLMİ Part1
http://www.youtube.com/watch?v=GI5flger59w
YUMURTA FİLMİ Part2
http://www.youtube.com/watch?v=P-psSMG1j1E
YUMURTA FİLMİ Part3
http://www.youtube.com/watch?v=xx6WSA0W8xM
YUMURTA FİLMİ Part4
http://www.youtube.com/watch?v=79T5mYTvMrM
YUMURTA FİLMİ Part5
http://www.youtube.com/watch?v=oHT8P3ZpRgc
YUMURTA FİLMİ Part6
http://www.youtube.com/watch?v=qpbWhgDBf_k
YUMURTA FİLMİ Part7
http://www.youtube.com/watch?v=T4FoQ5x3Mbc
YUMURTA FİLMİ Part8
http://www.youtube.com/watch?v=HHmSjCdWPu8
YUMURTA FİLMİ Part9
http://www.youtube.com/watch?v=NPz0w78Zpl4
YUMURTA FİLMİ Part10
http://www.youtube.com/watch?v=ctiWRtTge6k


この映画、国内外でも高い評価を得ているみたいですが、トルコ人の中でも
好き好きが分かれた作品でもあるようです。

 あなたの心には 何が残りましたか?

・・・って、懐かしいセリフですね^^ (笑)。
[PR]
# by arif6 | 2010-09-11 21:46

ひぎっち 名前の由来?
皆様、暖かいお言葉と、お心遣いをありがとうございます。

お陰様で、元気にやっております^^。

ひぎっちは当初、「ふぐ男」という名前でした(笑)。
単純に、ふぐ太郎、ふぐ子、ふぐ男の3匹(^^;。

が、ふぐ太郎たちに先立たれた後、なぜか「ひぎ」という名前になりました。
ふっ・・・と、アタマに浮かんで来てつい(^^;・・・
正直、なんでこんな名前になったのか、自分でもよく分からないのですが(笑)。
先日友人に、

「”ひぎ”ってさ、”ふぐ”の前の音の組み合わせなんだね!」

一瞬、言われた意味がわかりませんでしたが、

は、ひ、ふ・・・

か、き、く・・・

おお!なるほど!!!

友人に言われるまで、全く気がつきませんでした(^^;。
無意識のうちに、「ふぐ」の「先を行く」(笑)、名前をつけていたのでしょうか。

家族は勝手に「チョロ松」だとか「ごん太」とか呼んでいましたが(^^;
ちゃんと自分は「ひぎ」だと思っていたようで、「ひぎ」と呼ばれた時だけ反応し、
水槽前面に寄って来ていました。
a0014770_1234487.jpg
接近ちう。

[PR]
# by arif6 | 2010-07-31 08:04

不思議なできごと
子供の頃から、亡くなった身内の「気配」を感じたり、
脳内で聞こえた声に導かれ、事故を回避出来たり、
お墓から戻ると必ず体調不良になったり、
迷える人が(いわゆる、肉体が現世にない人ですね(^^;;)付いて来そうになったりと、
不思議な事が時々身の上に起きてはいたのですが、ひぎっちが亡くなった時にも
こんなことがありました。


前回の写真にもあるひぎっちのクマ顔のお墓。
その耳に、2枚のシールのナザルボンジュを貼りました。

生前、水槽にも1枚お守りで貼っていて、病気もしなくなったことから、
天国で大きな魚に苛められないように・・・と、お守りの意味と、
両目のレンズが亡くなる直前しぼんでしまっていたので、その目の代わりに・・・と、
貼ったのです。

ところが・・・
翌朝、そのお墓を見ると左側のナザルボンジュがないのです。
剥がれたのかと思い、祭壇全体と、念のため水槽の中、床、辺り一体を
舐めるように探しましたが、見つからなかったのです!

勿論新品のものを貼りましたし、水槽に貼っていたものもかなりの粘着力だったのですが、
絶対剥がれない様にと、しっかり指と爪で入念に押して貼り付けました。
寝る直前にも確認していますし、風が入ったというようなこともありません。
それに、万が一はがれたとしてもシールですから、転がってどこかに行くことは考えられません。
しかも、写真にもあるように、下は毛足のあるフェルトのようなものです。
実際、水槽に長年貼っていたものをはがし、ほとんど粘着力のなくなったものを写真たてに
再度貼りましたが、それでさえも剥がれ落ちていないのですから・・・。

朝、目が覚めて真っ先にそれに気付いた瞬間、

「ああ、ひぎっちがお守りに持って行ったんだ」

と感じました。
そして、2つではなく、1つだけだったことに安堵しました。
何故なら、目が見えなくて目の代わりなら、ひぎは「2つとも」持って行ったでしょう。
ひとつだけという事は、あくまで「お守り」として持って行った・・・つまり、
目は見えるのだと!
最期までひぎには私がちゃんと見えていた、そして、これからも自分の目で
見れるのだと思ったのです。

More >>
[PR]
# by arif6 | 2010-07-24 02:52


"クサ クサ"と読みます。  トルコ語で短信、つれづれ・・といった所でしょうか。          トルコやトルコサッカー、管理人のタワゴトを、ぼちぼちと・・・。宜しくお付き合い下さい。  :) 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ほっしゃん ふくろう 関..
from ほっしゃん 画像・動画 最新..
大塚ドライビングスクール..
from 噂のウワサ
生命保険を見直すタイミン..
from セカンドライフ スタイルLa..
早実斉藤投手の応援に甲子園へ
from 三浦りさ子ナビ
野茂英雄
from 今日は何の日毎日が記念日なのよ!
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧